2013年1月19日の日記

かつて涙は流していないがずっと泣いていると言ったのはいつだったか。僕は今なおそうなのだろう。そしてこれからも。