読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年2月17日の断片日記

▼陳腐だなと思わないでもないんだけど、ここ数日「だいじょうぶ」という言葉の収まりがよくて、ひとりごとも含めてずいぶんと使っている気がする。じょうぶなだけでもたいへんなことなのに、そこに「大」までつけるだなんて。その強気っぷりにはらはらする。はらはらさせておいて、「だいじょうぶ」なのだ。すごい。

 
▼コーヒーがすきだ。でもいろんな理由で(おもに精神的なものなのだ)、飲むわけにはいかない状況が続いている。そのかわり、というわけでもないのだけれども近頃は紅茶ばかり飲んでいる。ずずずと飲んでいる(おうち最高!)。君にはいつも味について2択を投げかける。今日はどちらの気分ですか、お嬢様。返答として、きまって2択のうちそのどちらもが返ってくる。


▼淹れながら、君が突然瞬間について語り出した時のことを思い出している。今というものへのオブセッションを、君なりの言葉と熱量で話してくれた時の姿を。誰が促したわけでもないのに、突然に。僕はそのとき確かに「導きだ」と思ったのだった。そして僕は初めて自身のうちにある瞬間への信仰心の一端を告白した。運命という言葉が頭をかすめる。でも僕は知っている。これは運命でも、必然でも、偶然でもない。見ればそうなる、だ。
 
 
▼君は最近、僕のことをいろいろな名前で呼ぶ。その中に僕の名前はもちろんないのだった。それは『気狂いピエロ』でアンナがベルモンド扮するフェルディナンを名前ではなく「ピエロ」と呼び続けたのと同じことだ。僕は思う。僕はもう、十二分に生きたのではないかと。それでも風邪をひけばしんどいし、部屋には君の上着もある。買ってきたチョコレートもチーズケーキも飲み物も、まだまだ残っている。春の訪れが近いことを告げる風に吹かれながら、そういうところを行ったり来たりしている。何でもない顔をしながら。背中から君のくしゃみが聞こえる。回数を数えておく。あとで聞かれるにきまってるからだ。3回なら良い噂だとか何とか。でもそれが1回でも2回でも何回でも、君は良い噂されてるワアと笑うはずなのだ。質疑応答を終えたら、掃除をしよう。ね。