読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年4月26日の断片日記

▼知っている人もそうでない人もお構いなしに目の前で飛ばされていったり、水に飲み込まれていったりするような夢を見た。僕は周囲を見渡しもっとも生存確率が高いと思われる高台へと避難した。そこは架空の駅に併設された映画館の屋上で、そこから見る景色は海だった。街がすっかり海になってしまっていたのだ。僕の周りには健康そうな高校生くらいのティーンネイジャーがたくさんいた。彼らが無抵抗に音もなく次々と飲みこまれていくのを目の当たりにして、僕も死を覚悟していた。でも結局は、その覚悟をしきれずじたばたとあがいてしまったことも含めてとてもリアルだった。そうして今日も目覚ましとも朝日とも無関係な時間に眼が覚める。1日の始まりで息が切れている。最近の眠りの浅さはいったいどうしたことだろう。
 
 
▼責任ばかりが大きくなる一方で裁量が奪われていくという状況にある。なるほど周りの偉い人が僕にあれやこれやを進めてくれたことの意味がようやく分かった。それでも出だしがやりやすかろうがそうでなかろうが正しいと信ずることをやれる状況になるようにまた認めさせていけばいいとは思っている。力がある立場に肩書きだけで収まるよりは健全だろう、とも。そんな鼻息の荒さとは裏腹に、人はテンションがある閾値を越えるとやる気が全然出なくなるんだなと感じている。まともな仕事をするためにはまずは場をつくる必要がある。しばらくはそれに神経を使うことになるんだろう。疲れるのはそれからでもいいはずなのだが、先々のことを考えると今から頭が痛くなってくる。周囲の配慮のなさを恨んだりもする。毎日毎日(ではないにしても)、こんなことを平気な顔をして繰り返している世の中のみんなを尊敬してしまう。やはり僕にとって「普通」はずいぶんとハードルの高いことだ。ぐずぐず。