2018年4月の断片的な目次

・ 4/ 1 軽口を
・ 4/ 2 うさぎと犬
・ 4/ 3 確信した(でもどうせ揺らぐ)
・ 4/ 4 いやな大人になっちまった
・ 4/ 5 わたしの神さん
・ 4/ 6 耐えた
・ 4/ 7 雨は邪魔だ
・ 4/ 8 仲良しの証
・ 4/ 9 助走
・ 4/10 また別の君となるのだろうか
・ 4/11 うまくはやっている
・ 4/12 遠くへ行きたい
・ 4/13 写真
・ 4/14 気付きなよ
・ 4/15 握り返すその手の力から

2018年3月の断片的な目次

・ 3/ 1 雰囲気とは
・ 3/ 2 きんちょーする
・ 3/ 3 その提案にはのれない
・ 3/ 4 「好きじゃなかったらこんなことしませんよ」
・ 3/ 5 むねいっぱいの虚無
・ 3/ 6 同じことを考えていた(あとから)
・ 3/ 7 ねむる
・ 3/ 8 フレンズ「Hello New Me!」 - YouTube
・ 3/ 9 すぐ騙されるんだから!
・ 3/10 なんか言ってる
・ 3/11 僕だってそう思うんだけど
・ 3/12 巨大なものを使おうとするささやかな試み(たくらみ)
・ 3/13 Yogee New Waves / Bluemin' Days (Music Video) - YouTube
・ 3/14 「学生さんですね」「はい」
・ 3/15 すこしだけの
・ 3/16 素直に、でも少しずつ
・ 3/17 手をつないで帰ろうか
・ 3/18 ポケットの中で
・ 3/19 肝臓よ
・ 3/20 いいアルバムを聴いたんだ
・ 3/21 フットワーク軽くなったね
・ 3/22 雨のせいで、雨のおかげで。
・ 3/23 あおいさんのために
・ 3/24 軽妙さ
・ 3/25 
・ 3/26 企てて、逢い始めた
・ 3/27 こんなの、身を滅ぼすだけだよって
・ 3/28 あおいさんがいれば
・ 3/29 そういうところがあるから
・ 3/30 おにぎり
・ 3/31 プレゼント

2018年3月4日のエモ

着る服が決まらないってなかなかのエモみがある。それで待ち合わせに1分だけ遅刻するなど。それとこれとは別でそんなことではいかんなと思うわけです。あなたはそんな僕をよそにへーきですよ行きましょう!とずんずん歩いていく。この人は集合場所しか知らないのにいったいどこへ行くんだ?と笑った。自由と無限。いつだって好きな人の一挙手一投足から何かの一端を見出してしまう。僕には理由が必要だからこそ。
 

お互いに言いわけを重ねたその末にあるプレゼントを買うという行為。僕が身勝手にも買いたい!渡したい!と思ったからことが運ばれていったのではあるのだけれども、いろいろ状況を考えては買う理由と買ってもらう理由を双方に組み上げていく作業をしたのであった。まったくまどろっこしいな!あげたいという気持ちがあって、受け取ってもいいかなあという思いがあるのならそれでいいじゃないかと感じる。それでもその過程がまだ楽しいぐらいの時期だからとかなんとかムニャムニャしたことを。それで、僕にもあなたのチョイスで何かを選んでもらおうかしらとお願いしてみれば、ゾーンの中の商品一つ一つの値段を確認していちばん安いのにしてた。こういうところである(自由と無限)(意味の拡張)。やぼだから言葉にはしなかったけど、端的に言ってサイコーだなという気分で笑いあった。そういうことするやつにはこうだ!とか言って、色違いのを買いそろえて追加でプレゼントした。
 
 
インターナショナルな風景を抜けて公園でおやつを食べる。久しぶりに太陽の光を浴びたいように浴びていて、言うことないなと思いながらあなたの話に耳を傾けていると、幼い子どもが駆け寄ってきた。そしてあろうことか木片でつくった皿にのった花を1つくれたのだった!こんなこと現実に起きるのね…と思いながら感謝を伝えると、「わたしが今日は花屋さんだから」(原文ママ)とのこと。もらった花をあなたの頭に載せて遊んだ。子どもは花屋に飽きたのか、落ち葉を集めてむちゃくちゃな動きをしていた。僕もそれを許されたいと思った。
 
 
バスの車内もエモい。そこにあるのは人生と生活だ。ゆったりと、ときにぐんぐんと進む景色。車内に響く早く着き過ぎちゃったから待つね的なアナウンス。よい。お菓子のおみやげを買いながら試食品をあなたの口元に持っていったとき、突然にこれはアレだと思った。「おいひい」て聴こえてやっぱアレだ!と思った。アレ。
 
 
たわいもない話をしたり、たいやき(やっぱたいやきはかわいい!)を分け合ったり、鳩に襲われたりしているうちに日が暮れる。ご飯もお酒もおいしかった。この人との食事はおいしいと思う。何よりとびきりに楽しいのだ。
 
 
東京タワーより京都タワーに先に登った人生だった。でもあの赤い電波塔に僕はなにかを感じてしまうのだった。あれがある風景は、あるいはあれの構造は、存在は、相当にエモい。具体的なエピソードは皆無であるのに、僕がトーキョーに抱く思い入れの何割か(そしてそれは決して少なくないのだ)はあの塔が醸す空気で説明がつくような気がしている。象徴というのはすごい。その想いを受けてなお耐えて立ち続けていることがすごい。ああ、語彙よ。以前も触れた山戸監督の『玉城ティナは夢想する』に「ああ、もしかして私は、そんな女の子たちの心の、集合体なのかもしれない」という言葉が出てきて、それと同じだなと思うのだった。そのときも言ったけれど彼女は彼女になりたがっていて、そのどうしようもなさというものにとにかく心が惹かれるわけだけれども、きっと東京タワーの立ち姿というのは、それを引き受け切ったものの姿なのだと思うのだ。
 

 
 
日曜夜、タワーの見える公園はまあまあの人出だ。こわいこわいと笑いながらベンチに座った僕らは、あの日口を滑らせてしまったことの仕切り直しをした。あれはあれでなんか良かったらしいけど、そういうんじゃないのよね、こっちとしてはさ。そうなることが決まっている日々をあるいは望むような姿にするべく踏み込んでいく。はじめから好きですよ、と笑うあなたとの延長戦がはじまる。キスをする大人たち、青春の残り香に包まれる若者たち、同窓会帰りの高齢者たち、そしてまるで10代のような顔をして放り出された僕らを、タワーの灯りが等しく照らして、等しく見ないふりをしてくれていた。
 

重ねられた生活 20180208~20180228

0208(Thu)

労働。
 
  

0209(Fri)

それで久しぶりに会って(とはいえ一週間も空いてないのだけれども)、並んで歩きながら逢いたかった旨を伝える(今更ながらそれもどうかと思う)とさすがに今回は私も寂しかったなあみたいなむにゃむにゃした言葉が返ってきて、なんなんでしょうねこれはとか思う。喋り足りなくて、聞き足りない、そんな温度を交換する。この先にもっと長く顔を合わせられない期間が待っていて、そのことは考えたくないなと笑う僕に私だって辛く思うはずだよとあなた。さすがの芝居臭さにへへへとほくそ笑む二人に横たわるのはあの頃とは別の共犯関係。近似を見出すことがなかったではないのだけれども、何もかもが違っていると思えるところまできた。
 
仕事のことはひどすぎるので話したくない。自分のすきなもののことだけ語ったり聞いたりすることができたらいいのに。いつになったら本を読んで考える時間と体力が戻ってくるのか。
 
 

0210(Sat)

仕事終わりの夜。並んで歩いて、乗り込んで。あなたが住む街、駅の改札。自分の部屋とは反対方向のこんな場所にまでやってきてはいまだに話しこんでいる。気まぐれで、あるいは我慢ができなくて、思わず来てしまったのだった。まいったなと思いながら別れようとすれば、折り返しの電車が来るまでの間一緒に待ってあげますよとの言。けらけらと笑いながら、でもありがとうを適温で添える。急行車両が目の前を通過していくのを幸福に感じていた。
 
部屋に着くまでの間はふざけたやりとりをして、なんだやっぱりうまくやれるんじゃんって思う。その一方で、ここに入り込んでしまった関係性には望んだ発展もないだろうこともまた事実で。そもそも伝わってしまっていて、それに対してplease,stay like thisの線を引いたからこその関係だ。それは分かっている。想いをささやいたり、形として伝えたり。僕はそれであなたの何かを変えようとしているわけではなく、したいことをしているだけで、それが許される間柄というものに寄りかかってはこの関係を指定された箱にしまうことを先延ばしにし続けているだけなのだ。「私次第ですね」と笑うあなたの顔を思い出しながら、それってつまりは僕次第なんだろう、なんて思った。
 
  

0211(Sun)

子どものことで嬉しいことがあった。今日はそれがすべてだろう。
 
若い人たちから誘われて、あなたとの次の逢瀬を決めてからだなと思い立つ。そういえば忙しいながらもちゃんと時間作ってえらいじゃんなんて思ったりする。本当は、時間を作りたくなるような人がいてくれたことが一番だな、てところなのだけれども。
 
 

0212(Mon)

都会の人かと思っていたと言われた。果たしてそれはどこから来た印象なのだろう。そう考えるとちょっぴり複雑な気持ちにもなるのだった。
 
 

0213(Tue)


大森靖子✕東京動画 「東京と今日」
そんな話をした翌日に。またこんな刺さるものを作るんだから…と思って変な気持ちで笑ってしまった。いい曲だね。

君が居ない 君がいる 繰り返すだけ 君と別れて また別の君を愛した 狭いと言われる空に ずるいと言われる僕が 全て失ったぶったところもみられていた

ああこれはまた…。

僕は地方都市にいたその時からずっとトーキョーで暮らすべき人間だった。そしてそれはいつまでたっても東京には住めないことを指している。それでもいいと思う。僕はいま、トーキョーで確かに暮らしている。
 
 

0214(Wed)

あなたが手書きで添えてくれたクマのイラストがかわいくて笑みがこぼれる。なにかに似てるなと思ったらくまだった。クマとくまなんだからそりゃ似ているというか…ええと…。
 
 

0215(Thu)

あの頃の君と僕はいつからかあるいは最初から歪んだ形で共依存の関係を育ててしまっていたのだと思う。そのことがわかる今だから、支え合うというところにとどまれるように、ちょうど良さのようなものを目指している。とても、ではなくとってもでもなく、とってもとってもと重ねられた信頼の表明を横に、そんなことを考えていた。
 
 

0216(Fri)

考えるのもしんどいけれど、それでも考えなければならないことがあるあなたのために、それの横にいちばん好きなものを添えておく。これでがんばれそうと笑うその顔に、人はみんなそれほど強くないからねとつぶやいてみる。そう、僕らは「それでも」進まなければならない。進まなければ、景色が僕らを追い越していってしまうから。通過する電車を何台かやり過ごしながら名前のない関係もまたゆっくりと進んでいた。きっと。
 
 

0217(Sat)

いつも通りあなたの最寄り駅で別れてから何かを考えていたのだけれども、それがなんであったのかは全く思い出せないような、そんな疲労と倦怠の日々。そこに差し込む一筋の陽光のようなあなたの無邪気な報告。よかったね、との言葉を返しながら果たして良かったのは自分ではないかなどと考える。今月は休みなく働かざるを得ないのだが、あなたがいなければと思うとゾッとするものを覚える。
 
  

0218(Sun)

快晴。労働。あなたは空を飛んで。
 
 

0219(Mon)

最近は毎日終電に飛び乗るような状況で。自分の仕事のことなどを考えるとこの時期というのはジョギングのシーズンオフにあたるのだけれども、駅へ小走りで向かうたびにそのことを痛感する。運動するための体力が落ちているなと思うのだ。そしてやはりそれなりのお金を出して購入したあのスポーツ用のスニーカーは、良いものなのだ。そんなことを考える。動かしたいように身体を動かす日々を、つまりは春を、心待ちにしている。
 
 

0220(Tue)

次の逢瀬の日取りが決まる。
 
 

0221(Wed)

労働。

0222(Thu)

労働。

0223(Fri)

本当かな?いや、どれだって本当で自分の持ち物なのだけれども。
 
 

0224(Sat)

揺らいだ思い。自分の中で自分を信用しきれないような感じがそこにはある。まあそれはいつだってそうだといえばそうなのだけれども。普段のそれよりも積極的な疑問が最近の自分にはあって…つまりは何を優先すべきかということと、その優先すべきことに対してもどこかイズディスイットの感覚がある。
 
確かなことはないにしても、その都度その都度で正しいことをしたいと思う人生だ。その正しさ(のようなもの)だけが、そのときの自分が自分に顔向けできる要素なのだから。
 
 

0225(Sun)

とくに僕は100からマイナスにまで急に気持ちが振り切れるときがあって、役割に袖を通しているときにはそれが顔を覗かせることはとても少ないのだけれども、脱ぐとどうしても、ね。それでなんとなくいつもより冷たい感じになって、それでもそういうときはあなたのほうが温度が高くて、ほらいいバランスじゃんとか思うのだった。だから結局はいつものように楽しげな気持ちと言葉をやり取りするところに落ち着いて…。こんなもの、関係の始まりにあるボーナス期のようなものだとはわかっているのだけれども、それでもこの関係には線が引いてあって…うーん…。
 
 

0226(Mon)

労働。さすがにしんどくなってきた。
 
 

0227(Tue)

逢瀬とは別に、理由をつくって僕らは顔を合わせた。言いわけみたいな目的を果たしてから、それぞれの生活へと消えて行く。あなたを見送ったあと、これはきっと歩く速度の違いなんだという解釈で自分を納得させていくことにしたけれど、それはたぶんこの先何度も揺らいでいく類の決意だろうとは思う。2人は何を目的にあやしさだけを積み上げて行くのだろうか。
 
 

0228(Wed)

好きな街が増えた日だった。
  

2月はここまで。