2017年の断片的な目次

日々に目次をつけていきます。その日の日記とは関係のない場合が多いです。「僕の」目次なのかもしれません。
 
 
・4/ 9 「ごはんのお供」という表現 
・4/10 このお礼はいずれ、精神的に。
・4/11 これはあおいさんのためじゃなくて、わたしのためなんです。
・4/12 ただいまの気温19℃
・4/13 前よりしなびたんじゃないですか
・4/14 そのために電話くれたんですか?
・4/15 結局、昨日カレーにしたのかなあ
・4/16 waste of timeだな、つって。
・4/17 何で行っちゃうの?ってそりゃあ、お迎えが来たから。ね。
・4/18 ちょっと待ってて
・4/19 Yogee New Waves / Like Sixteen Candles
・4/20 ロメインレタス
・4/21 がんばってでますね
・4/22 キリンジ / エイリアンズ
・4/23 都会っ子の余裕
・4/24 「How does it feel」の発音
・4/25 良くない日だった
・4/26 「都立が丘」という駅で突風と洪水に見舞われ、流された先の映画館の屋上から街が海になるのを高校生たちと見続けるという夢を見た。
・4/27 遠くへ行きたい どこへも行けない
・4/28 ますますのご活躍を
・4/29 ピエロ
・4/30 尋常小学校を見に行くことを思い立つ
・5/ 1 東へ
・5/ 2 西へ
・5/ 3 いろんな人がいろんな人に似ている
・5/ 4 やさしさの押し売り・善良な悪人
・5/ 5 なに気持ち良くなってんだよ
・5/ 6 ひどい現場
・5/ 7 何だよその話
・5/ 8 つかれた
・5/ 9 つかれたら、食べてね
・5/10 あなた(あるいはあなたがた)がここにいてくれたらいいのに
・5/11 いつかは3姉妹との場所からも追い出されてしまうのだろう
・5/12 目が覚めたら泣いていた。びっくりした。 
・5/13 人が怒っているのも怒られているのも苦手だ
・5/14 「傷ついてよ」と「傷つけたい」の間は何光年も
・5/15 乗客たちが一斉に降りた後の湿気
・5/16 元気が出てきたというのは誰かに内側の元気を抜き取られている過程なのではないか
・5/17 やったー
・5/18 何かを待ったり探したりしている時間が長い
・5/19 自分に見合うと思うからだ
・5/20 僕も楽しかったよ
・5/21 朝も夜も好き。今年の5月は嫌い。
・5/22 外見は中身の一番外側ではあるのだけれども
・5/23 自分の部屋ですらも僕を拒絶するのか
・5/24 英語を話せる人の日本語の発音
・5/25 新宿高島屋に似た構造
・5/26 送迎バスを直視できない
・5/27 強い風を嫌だと思わなかった
・5/28 思い通りにならなさがちょっとね
・5/29 そういや僕は何のために学ぼうとしているんだろう
・5/30 切り離し 
・5/31 締め切りは追いかけるというよりは向かってくる
・6/ 1 夜風が昼間の熱をさらって
・6/ 2 なんでこのカーディガン気にいってたんだろう 
・6/ 3 帰るハードルが高いのではないか
・6/ 4 気遣いは「気遣うなよ」の気遣いには勝てない
・6/ 5 東洋医学への厚い信頼
・6/ 6 憑いてる
・6/ 7 あの傘使ってるかな
・6/ 8 向井秀徳 - CHE.R.RY - YouTube
・6/ 9 ボックスシーツと格闘
・6/10 LIFEつながり
・6/11 夢でも現実でも時計が狂ったり止まったり
・6/12 「残りの」を意識する
・6/13 探している人はその人じゃない
・6/14 君に見せたい
・6/15 受け入れるのと決断するのは違う筋肉をつかうものだ
・6/16 覚悟
・6/17 暦なんて
・6/18 レイトショーと寿司を天秤に
・6/19 ポスターの前で、楽しそうだね
・6/20 どれがいちばん元気がよさそうですか?
・6/21 横殴り
・6/22 言葉と言葉の間の短い声
・6/23 たぶんシンコペーションなんだなと
・6/24 応えてくれなくても、それはそれでほっとするだけなのかもね
・6/25 LIVE FREE OR DIE
・6/26 夏のにおい
・6/27 何度でもやりなおそうね
・6/28 東洋医学への厚い信頼(2)
・6/29 何が傷心だよ
・6/30 SWEET DREAMS
・7/ 1 とんがりコーン(クラシック)
・7/ 2 その高さは届かないです…
・7/ 3 クールにいこうぜ
・7/ 4 コアラのマーチ(クラシック)
・7/ 5 願書
・7/ 6 スピード写真とるたびアメリを思い出すことを言いたい30代男性
・7/ 7 願いごと、のロマンチックさと切実さ
・7/ 8 現状維持は維持できてないのだぞ
・7/ 9 大きな窓より大きな空
・7/10 発券
・7/11 行ってきます
・7/12 話しかけないでほしい
・7/13 人魚というモチーフ
・7/14 それは青春ぢゃないよ
・7/15 おめでとう。きっと今年だけだね。
・7/16 骨が出ている
・7/17 いっそ悪いことやって捕まってしまおうかな
・7/18 似合ってるよ
・7/19 ショーケースの中の世界
・7/20 血は争えないよな、好むと好まざるとにかかわらず
・7/21 シャツを買いました

重ねられた生活 20170715~0721

0715(Sat)

その昔、擬人化されたうさぎがIC定期のタッチが甘くて改札でバチコーンと扉を閉められ(><)←こういう顔になってる啓発ポスターを見て泣きそうになる、みたいな話をした記憶がある。最近そのあたりの琴線が先鋭化してきている。例えば「ドアに指を引き込まれて怪我をし、涙を流すクマのイラストでグッとくる」まではまあわかるんだけど、「電鉄会社のキャラクターが視界に入るだけで切なさがこみ上げる」までくるとさすがに…。なんなんだこれは。そのうちポプテピピックみたいなイラストやあるいは逆に無機質なピクトグラムとかでもウルウルしてしまうのではないかと不安になっている。それは社会生活を送るうえで好ましくない…。
 
 
人の通るところに巣を作ってはいけません! >クモ
 
 

0716(Sun)

仕事のストレスがすごかったのもあるけれど、なんだか無性にイライラと憂鬱さがやってきた。ガラガラの終電に揺られながら活字と窓の向こうを交互に追いかける。
 
久しぶりに衝動に基づいた行動をとりそうになってしまった。こういうときに避けるべきは決断で、落ち着くまでなんとかやり過ごして適応していくべきなのだ。それでも…最近思うのはこうやって小さなベターを積み重ねて行っても残された時間を考えたらロクなところにたどり着かないのではないかということなのだった。ベストかワーストか。そういう決断をしてもいいのではないか。でもこの前のそれはびっくりするくらいのワーストだったもんな…という逡巡。でもどうせベターの積み重ねで抗ってもワースとワーストとの波状攻撃でぐったりだもの。ね。
 
 

0717(Mon)

今日もストレスすごい。悪いことしそう。
 
 

0718(Tue)

ピーターラビットが視界に入って、なぜか涙腺に…の終電。
 
仕事というか職場に対する不満について、それそのものを吐き出したわけでなくても、自分が今考えていることの一端を少し出しただけでも多少心が軽くなった。今は新しい場所で立場を1から作っている段階だから、これくらいの抵抗でなんとかやっていくしかない。体のいいガス抜きのようなもので自分を納得させていることも、それが一定の作用を見せていることもなんだか悲しい。
 
志願理由書などの「集めればよい」以外の書類の準備を始めた。いよいよである。
 
 

0719(Wed)

僕の決断を間接的に後押しした若者(その人はそのことに気付いてすらいないだろう)がチームを離れるというので、贈り物をする。学びというものを尊く思う気持ちが日増しに強くなっている。学びが手段となるような環境で食い扶持を稼ぎながら、学びそのものが目的となることが許される、そんな世界を夢見ている。
 
終電でひどい折れ曲がり方をしながら眠っている人を見かけることが多くなってきた。酔っ払いも心なしか増えている気がする。
 

0720(Thu)

日中、若者にお菓子をくばるおじさんに化けていた。
 
いつも通りスムーズに終電。デッドラインをここに設けるからよくないのではとも思うのだが、いかんせん自分の処理能力を完全にオーバーした仕事量であるがゆえ、しかたないのだよなあ…と。仕事のやり方を今の環境にあわせなければいけないのだけれども、残念ながらその器用さは持ち合わせていないので、結局は何かを諦めることでしか適応がかなわないという悲しさ。見えているのに諦めるというのは、諦めきれなさと分かちがたく結びついているので、心身にとても負荷のかかることだなと思う。
 
アイコンの変遷だけで見えるものがある。SNSというのは地獄なのだ。きっと。
 
 

0721(Fri)

目が覚めるとLINKIN PARKの人が亡くなっていた。僕自身は彼らの音楽を愛聴したわけではないが、それでもリアルタイムでその活躍を目に(耳に)していた人が命を絶つというのは悲しいものがある。そういえば、ロメロの死もあったよな…。残念だな。人の死にはそれぞれ距離があると思っているが、今回のそれは同級生を亡くしたときに近いものがあるような気がする。それで…闘病中の部下のことがよぎり、不謹慎だしまったくエゴだなと感じながらも改めて身の「無事」に感謝しながら水を飲む。
 
休日であったが、疲れもたまっており、寝て、起きて、Netflixを見て、何か飲んだり食べたりしては、また眠って、起きて、本を読んで、さらに眠って…のようなことを繰り返していた。勉強をするはずだったのだが、身体と頭の両方がそれを拒んでいたので、それぞれの要請に無抵抗で従った。
 
図書館から足が遠のいている。僕は住んでいる街のではなく住みたい街の図書館を使っていて、それが今の職場とは真逆の方にあるのだった。またそのうち絶対に行き始めるから別に気にはしていない。今のうちに買って放置している本たちをちゃんと読んでおこう。
 
「梅雨明け」というのは速報値で、後から修正されるのだいうことを知った今週はここまで。まごうことなき夏ですね。みなさま、くれぐれもご自愛くださいませ。
 

2017年7月18日の断片日記

▼雨が降るよという予報を見てから眠りについて、朝に窓から差し込む乱暴な陽光。そんなはずでは、と思いながらもその明るい空に感謝をしながら身じたく。少しの哀しさでシャツに袖を通し、多くの無感動でカバンを肩にかける。目下の哀しみの出所である懸案をポケットにしまい、人生を覆う憂鬱さの源泉を闇に閉じ込めたら、時計を身に付け本を手にとり部屋を出ていく。
 
 
▼目を開けた太陽にじりじりと苦しめられながら、道行くちびっこと犬と女の子たちが僕の何かを中和していく。電車内のクーラーに命を救われながら遠くの方に雨雲を見る。まああんな躁病みたいな空模様、不安定を絵にかいたようなものだもんねと勝手に納得して深くうなずく。
 
 
▼雨が昼間の熱をさらって、夜風が気持ちいい帰り道。乗り換えの合間に文字通り手を洗うためだけにお手洗いに。なんとなく顔をあげると鏡に自分の顔が映っていて、なんか久しぶりに鏡見たなあという気持ちになった。前髪に雨が降った証拠を確認しながら、まあどうでもいいやとか思いながら手を丁寧にふく。あの「ぶおわー」って風でうやむやにする機械があまり好きではなく、ハンカチで静かにぽんぽん、とするのが好みなのだった。
 
 
▼最寄駅に着くころ、耳元で大森靖子が「このいのちの使い方を君に愛されたい」と歌っていてけだし名言だなと。僕はアイドル界隈にはからっきしで興味はまったくないのだけれども、それでもあの人たちはみんなすごいなと最近感じるようになっている。『IDOL SONG』での多種多様な「はーい」という声にはイミテーションガールとしての矜持というか覚悟のようなものが宿っている。そして倒錯した実存ゆえのあふれ出る「肯定」とその背後に漂う決して一筋縄ではいかなかったであろう決断までのあれこれがそこにはあって、それを音とともに浴びるたびに、ああなんてことだ!と思う。


大森靖子「イミテーションガール」MusicClip
 
この曲もその流れでフェイバリットになった曲で(というか『洗脳』自体が『TOKYO BLACK HOLE』を経てようやく「あ!」となったのだが)ミスiDのコたちがこれを歌うという構図がもうサイコーなのだけれども、それは決して揶揄とかではなく、イミテーションでありそれに自覚的だからこそそれを見るものを遠いところまで連れて行ってくれるという話なのだから、実に感動的ですらある。彼女の楽曲を女の子になって聴いてみたいという意見には本当に首肯するばかりだが、それは何も性別に限った話ではなく、僕がまったく別の人生を送っていた場合どう聞こえていたのだろうかということにも興味があるのだった。
 
 
▼そしてMVでも別格の存在感を放つのはやはり玉城嬢だ。彼女のことはトーキョー資本に本格的に発見される前からたまに触れてきた。思想を着ているモデルさんは本当に素晴らしいとかなんとか言って。それは嘘偽りなくその通りなのだけれども、僕は彼女を通して(あるいはなんだってそうだろう)他の誰かのことも見ているのだった。時々暴力的なほどに似ているときがあって、もうどうしようもなくなってしまう。僕はその人のいのちの使い方を愛していたし、一方で僕のこのいのちの使い方を愛してほしかった。
 
 
▼いつかの日に女の子がツイキャスをしていた交差点で今度は別れを惜しんでハグをする子達がいた。僕はなんだか泣きそうになって、あわてて読んでいた本に視線を戻した。本を読みながら帰ると部屋まで倍以上の時間がかかる。赤信号が嬉しい。そういうふうに、できている。

 

重ねられた生活 20170708~0714

0708(Sat)

無事に『ベター・コール・ソウル』を見始めた。Breaking Badの登場人物が出てくると非常に楽しい。とはいえ何よりも、ソウルの口八丁手八丁が堪能できるのが実によい。2話にてトゥコが出てきた。この人物のキャラクター造形が素晴らしいと感じる。
 
エウレカセブン劇場版の情報を遅ればせながらキャッチする。ぜったい見に行くぞ…!

映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』予告編
 
読み散らかしたままになっている本の読書メモを書き始めた。
 
 

0709(Sun)

タブレット用にbluetoothキーボードを買う。今年の夏からはあちこちで作業することが増えそうだからだ。クラウドサービスはあれこれ使ってはいたのだが、いままでgoogleの提供しているサービスには極力よりかからず過ごそうとしてきていた。でもそうも言ってられない状況になってきている。なんにしても日常の中での読み書きを、これまで以上に愛でながら生きていきたいと思うのだった。
 
終電。日曜はやはり独特だ。ビジネスマンの方を見かけてはご苦労様です、と思う。昼間に子どもたちと「天気いいねえ、遊びに行きたいねえ、でも受験生だもんねえ」なんて話をしながら、おじさんは毎年受験生なんやで…とか思う。賽の河原みたいな心持ち。ちがうか。
 
部屋に帰って『ベター・コール・ソウル』を1話見進めて、勉強の続き。かたわらでDeath Cab For Cutieの『Transatlanticism』を流している。どちらかといえばエバーグリーンな作品だとは思うのだけれども、メジャー1作目の『Plans』と併せても、ちゃんとそこには時代の空気が流れていてボトルシップみたいな質感だなと感じた。もう100回以上聴いているのにそんなことを思ったのは初めてで、なんか嬉しかった。
 
 

0710(Mon)

寝坊する。急いで支度したせいもあって暑いことこの上ない。腕に妙な跡があることに気が付く。触れるとかすかなかゆみ。虫にでも這われたのだろう。窓を開けて眠っているから、その間に侵入してきたに違いない。
 
人にやさしくして過ごす。そして、終電。勉強は続いているがもっと時間が欲しいな。やらなければならないことが多すぎて、それよりもさらにたくさんのやりたいことに時間がさけていない。この夏のサニーデイのライヴのチケットを発券する。楽しみだ。晴れますように。
 
 

0711(Tue)

終電。
 
帰宅後、今月の短歌のために調べもの。それはそうと「短夜」というのは言葉の響きもそうだが、概念がとてもよいと感じる。夏なんて昼が長くて暑くてうんざりだぜって感想しかないのだけれども、昼が長いってことは夜が短いってことでしょう?そう考えるとはかないね。僕だって夏は「行ってしまう」ものだと思っているから、そういうところは嫌いじゃないんだよな。
 
Netflix以外の配信サービスは利用していないのでわからないのだけれども、OPをとばせる「イントロをスキップ」は発明だと思うの。最近は音楽の方のイントロも短くなっているという記事をどこかでみたけれど、僕もそういうのに毒されつつあるのかしら。でも『ベター・コール・ソウル』のOPは毎回ちゃんと見ている。といってもほんの数秒程度のものではあるからわざわざ飛ばすまでもない、ということでもあるのだけれども。だがそれ以上に時流のことをしっかり考えたうえであのサイズのOPになっていることが分かるので感心させられるし、80~90年代漂う質感とゲームのスタート画面のようなブツ切れ具合(実際8bit風のフォントになっている)がいとおしい。物語本編の面白さは当然だが、Netflixという媒体でドラマを配信するということを考えた時の細部へのこだわりを前に、ますますこの作品がフェイバリットになっていく。もちろん『Breaking Bad』が素晴らしかったことも少なからず影響している。物語中ではいまだジミーはソウルになっていないのだけれども、OPで流れている映像はソウルになってからのあれこれで、今後の展開が本当に楽しみだ。
 
 

0712(Wed)

決断を周囲に話して自分を追い込んでいく。権力に対抗して自分の領分を守るための術でもある。事の成否は分からんが、よりよい未来で、よりよく生きるために。
 
そして終電。
 
 

0713(Thu)

終電へと急ぐ道すがら、改札を抜けて向こうからやってくる人たちを前に軽い眩暈。実はこれは初めてのことではなく、最近何度か起きていることなのであった。初めは身体の不調かな、ストレス凄いもんな、とかそんなことを考えていたのだけれども、そうではなくてこれはサルトルいうところの「嘔吐」的なことなのではないかと思った。それは僕が実存主義に殺されたからそう思うのかもしれないし、そうではないのかもしれない。でもこの眩暈は、よく休んだらきっとよくなるようなそういうたぐいのものとは異なっているような、そんな気がしている。
 
 

0714(Fri)

仕事で西へ東へ。電車で乗り合わせた高校生の男の子たちが「青春だよなあ」とか言っていて、それは僕の知っている青春とは違うなと思った。青春ってその只中にいる時は全然気づかなくて、あとから振り返ってあれがそうだったのかもと感じるものなのかと思っていたよ。
 
僕と彼らがその只中にありながら接している(いた)コンテンツの違いもあるのかもしれない。メタ的、というか「あなたがたのそれは青春ですよ」と教えてくれる(ありがた迷惑である)ようなものが世の中にかなりあふれているような気がする。SNSにアップする写真1つとってもたぶん青春の記号としての撮り方みたいなものがあるんだろう。そういうものを日常的に摂取していれば、冒頭のようなことも自然と口に出てくるのかもしれない。ちなみに、自分のこれまでを振り返ってみたら青春というタグ付けができるようなものは見当たらなかった。浮かび上がるのは苦々しい記憶ばかり。なんてことだ!

終電が遅延していて、ホームにいる人たちの半数以上がもう寝てんじゃねえのって状態になっていた。僕はというと本を読みながら、まあ言っても平和なんだろうこの国は、などとのんきなことを考えていた。
 
梅雨の存在感が思ったより希薄でそのことは嬉しい今週はここまで。