2017年の断片的な目次

日々に目次をつけていきます。その日の日記とは関係のない場合が多いです。「僕の」目次なのかもしれません。
 
 
・4/ 9 「ごはんのお供」という表現 
・4/10 このお礼はいずれ、精神的に。
・4/11 これはあおいさんのためじゃなくて、わたしのためなんです。
・4/12 ただいまの気温19℃
・4/13 前よりしなびたんじゃないですか
・4/14 そのために電話くれたんですか?
・4/15 結局、昨日カレーにしたのかなあ
・4/16 waste of timeだな、つって。
・4/17 何で行っちゃうの?ってそりゃあ、お迎えが来たから。ね。
・4/18 ちょっと待ってて
・4/19 Yogee New Waves / Like Sixteen Candles
・4/20 ロメインレタス
・4/21 がんばってでますね
・4/22 キリンジ / エイリアンズ
・4/23 都会っ子の余裕
・4/24 「How does it feel」の発音
・4/25 良くない日だった
・4/26 「都立が丘」という駅で突風と洪水に見舞われ、流された先の映画館の屋上から街が海になるのを高校生たちと見続けるという夢を見た。
・4/27 遠くへ行きたい どこへも行けない
・4/28 ますますのご活躍を
・4/29 ピエロ
・4/30 尋常小学校を見に行くことを思い立つ
・5/ 1 東へ
・5/ 2 西へ
・5/ 3 いろんな人がいろんな人に似ている
・5/ 4 やさしさの押し売り・善良な悪人
・5/ 5 なに気持ち良くなってんだよ
・5/ 6 ひどい現場
・5/ 7 何だよその話
・5/ 8 つかれた
・5/ 9 つかれたら、食べてね
・5/10 あなた(あるいはあなたがた)がここにいてくれたらいいのに
・5/11 いつかは3姉妹との場所からも追い出されてしまうのだろう
・5/12 目が覚めたら泣いていた。びっくりした。 
・5/13 人が怒っているのも怒られているのも苦手だ
・5/14 「傷ついてよ」と「傷つけたい」の間は何光年も
・5/15 乗客たちが一斉に降りた後の湿気
・5/16 元気が出てきたというのは誰かに内側の元気を抜き取られている過程なのではないか
・5/17 やったー
・5/18 何かを待ったり探したりしている時間が長い
・5/19 自分に見合うと思うからだ
・5/20 僕も楽しかったよ
・5/21 朝も夜も好き。今年の5月は嫌い。
・5/22 外見は中身の一番外側ではあるのだけれども
・5/23 自分の部屋ですらも僕を拒絶するのか
・5/24 英語を話せる人の日本語の発音
・5/25 新宿高島屋に似た構造
・5/26 送迎バスを直視できない
・5/27 強い風を嫌だと思わなかった
・5/28 思い通りにならなさがちょっとね
・5/29 そういや僕は何のために学ぼうとしているんだろう
・5/30 切り離し 
・5/31 締め切りは追いかけるというよりは向かってくる
・6/ 1 夜風が昼間の熱をさらって
・6/ 2 なんでこのカーディガン気にいってたんだろう 
・6/ 3 帰るハードルが高いのではないか
・6/ 4 気遣いは「気遣うなよ」の気遣いには勝てない
・6/ 5 東洋医学への厚い信頼
・6/ 6 憑いてる
・6/ 7 あの傘使ってるかな
・6/ 8 向井秀徳 - CHE.R.RY - YouTube
・6/ 9 ボックスシーツと格闘
・6/10 LIFEつながり
・6/11 夢でも現実でも時計が狂ったり止まったり
・6/12 「残りの」を意識する
・6/13 探している人はその人じゃない
・6/14 君に見せたい
・6/15 受け入れるのと決断するのは違う筋肉をつかうものだ
・6/16 覚悟
・6/17 暦なんて
・6/18 レイトショーと寿司を天秤に
・6/19 ポスターの前で、楽しそうだね
・6/20 どれがいちばん元気がよさそうですか?
・6/21 横殴り
・6/22 言葉と言葉の間の短い声
・6/23 たぶんシンコペーションなんだなと
・6/24 応えてくれなくても、それはそれでほっとするだけなのかもね
・6/25 LIVE FREE OR DIE
・6/26 夏のにおい
・6/27 何度でもやりなおそうね
・6/28 東洋医学への厚い信頼(2)
・6/29 何が傷心だよ
・6/30 SWEET DREAMS
・7/ 1 とんがりコーン(クラシック)
・7/ 2 その高さは届かないです…
・7/ 3 クールにいこうぜ
・7/ 4 コアラのマーチ(クラシック)
・7/ 5 願書
・7/ 6 スピード写真とるたびアメリを思い出すことを言いたい30代男性
・7/ 7 願いごと、のロマンチックさと切実さ
・7/ 8 現状維持は維持できてないのだぞ
・7/ 9 大きな窓より大きな空
・7/10 発券
・7/11 行ってきます
・7/12 話しかけないでほしい
・7/13 人魚というモチーフ
・7/14 それは青春ぢゃないよ
・7/15 おめでとう。きっと今年だけだね。
・7/16 骨が出ている
・7/17 いっそ悪いことやって捕まってしまおうかな
・7/18 似合ってるよ
・7/19 ショーケースの中の世界
・7/20 血は争えないよな、好むと好まざるとにかかわらず
・7/21 シャツを買いました
・7/22 河のにおい。人々の動き。熱。
・7/23 誰もが詩や歌のような日々を
・7/24 寝不足
・7/25 嫌な予感がするよ
・7/26 うまいぞ、ふわころ
・7/27 変な道だった
・7/28 3姉妹の足取りはぎこちないダンスのやうに
・7/29 梅雨があけたというのに
・7/30 それはだれ
・8/ 1 嘘
・8/ 2 バファリンさま~
・8/ 3 はっきり言うのは別に優しさじゃないけど、曖昧さだって、そうなんだよ
・8/ 4 うまいぞ、青りんごサイダー
・8/ 5 感じの良い人に
・8/ 6 東洋医学への厚い信頼(3)
・8/ 7 ポカリスエットさま~
・8/ 8 履歴書
・8/ 9 症状の変遷
・8/10 誰かとすれ違ったような気がするのだけど
・8/11 酷だね、そりゃあ
・8/12 晴れるならそう言ってよね
・8/13 なんでそんなに足があるの…
・8/14 これ使いますか
・8/15 手書き
・8/16 未来のことを話したい
・8/17 考えちゃうよな
・8/18 この町には住めない
・8/19 どしゃ降り
・8/20 6連敗て
・8/21 面白くもなんともないよ
・8/22 寝てばかりいた
・8/23 晴れてる!
・8/24 もう少し、話したかったね。
・8/25 わーい!晴れてるぞ!
・8/26 興奮して眠れない…!
・8/27 最高の夜。愛と笑いの夜。
・8/28 君が僕に火をつけたんだろう
・8/29 しわがのびるのびる
・8/30 会えてうれしいなら、それは恋だね。
・8/31 色んな歴史があって、こじれてるわけでしょう? 
・9/ 1 あの日、ここで話したんだよなあ。
・9/ 2 海、か。いいね。
・9/ 3 若者たちだった僕へ
・9/ 4 うまいぞ、めかぶ
・9/ 5 なんだか笑っちゃうよね。
・9/ 6 なんにだって理由と言い訳が必要だ
・9/ 7 みんな好き勝手言うよなあ
・9/ 8 !
・9/ 9 たぶん、なんとなくのリズムがいっしょなのだろう
・9/10 人生
・9/11 降ってから雨だと言われても
・9/12 TELEPHONE LOVE
・9/13 おやすみのひ、で。
・9/14 東洋医学への厚い信頼(4)
・9/15 すぐれないって、つらいことだよな
・9/16 名前を呼び合うこと
・9/17 僕にもようやくフクロウの声が聞こえたよ
・9/18 らしくない
・9/19 臆病さと結び付かない優しさをそこに
・9/20 あおいさんがいないのに?

サニーデイ・サービスがそばで鳴っていた僕の10年とすこし disc6

なんというか電車とか土地とかに縁のあるアルバムなんだよな、これ。無限、無間、いろいろあるけれど、『MUGEN』は夢幻のことだと思っている。それは概念としてのサニーデイと現実態としてのバンドの分裂の間から立ち上る空気とにおいがこのアルバムを支配しているから。でもそんな夢幻のようなアルバムだからこそ土着のあれこれと結びついたのだと思う。まるでそうすることで身体性を獲得し歴史の一部となることを望んでいるかのように。

『MUGEN』(1999)

MUGEN

MUGEN

 

東京とあるいはトーキョーへの切符

▼あれは社会人生活を送るマンションをさがしに初めてひとり上京したときのことだった。昼前の空いたJRに揺られながら遠く並走する車両を窓越しにぼんやりと眺めていたときに、耳元から「東京の街には 太陽と雨が降って」と聴こえてきたことを今でもはっきりと覚えている。このアルバムのオープナー「太陽と雨のメロディ」だった。東京に来たことを初めて歓迎してくれたのは、彼らの音楽だった。その思い出のせいか、僕にとって2nd『東京』から受け取ったものは精神的なものだったけれど、東京そのものを受け取らせてくれたのはこのアルバムだったような気がしている。
 
 
江ノ島に初めて行ったとき(そのときの目的は江ノ島に行くことではなく、江ノ電に乗ることで、もっと言えば鎌倉高校前駅のベンチでぼんやり読書をすることだったのだけれども)に、ちょうど江ノ島駅の辺りで「江ノ島」が流れたこともあった。リズムマシーンが刻む鼓動が、江ノ島を歩くリズムと重なったとき、「学生鞄の女の娘が行く きみは見とれて目が離せない」が、なんだか僕にもあったことのように思えてきたのだから不思議である。
 
 

海と番った太陽を。

▼今聴くと、いわゆるサニーデイのパブリックイメージを取り戻そうとする動きと音楽的にやりたいことのはざまで結構ギリギリのバランスで鳴ってるな、という印象を受けるのだけれども、大変にポップな佳曲の並んだ清潔なよいアルバムである。それでもはいよる暗い影の雰囲気をかき消すまでには至らず、何でもないことを無邪気に肯定することもできなくなった実体が、何かを求めて行きつ戻りつをしている。瞬間にとどまりたくても、どうしたって夏は行ってしまうのだ。

過ぎるうちに遠ざかるんだと
そう八月の息子は思う
 
見つかった?見つからない
何がある?何もない 夏の日々
見つかった?見つからない
何がある?何もない 夏の終わりに
 
「八月の息子」


▼だからこそ「スロウライダー」で鳴らされている倦怠というのはこのタイミングでしかできなかったであろうものなんだと思う。
 

サニーデイ・サービス「スロウライダー」
 
 

▼土着的な何かとたくさん結びついたとはいえ、何度も出会いと別れを繰り返し(別れるために出会いなおし、出会ってすぐに別れの日取りまで決めた季節さえあった)てはついに敗北主義にのめりこみ、美しく終わらせることに文字通りとりつかれていた20代後半には「恋はいつも」がよく鳴っていた。それでも「夢見るようなくちびるに」のようにありたいとも思ってはいて、つまりはそれって、観念的。そんな遅れてきた青年が、T.Rexを聴いて尊厳がどうとか言いだすまでは時間の問題だった。 

きみの瞳の奥で揺れるものは
隣に座るだれかのものになる
いっそのことと瞳閉じて過ごしても
すぐにだれかを見つめてしまうのさ
恋はいつも…
 
「恋はいつも」

 
etlivsfragment.hatenablog.com
etlivsfragment.hatenablog.com
etlivsfragment.hatenablog.com
etlivsfragment.hatenablog.com
etlivsfragment.hatenablog.com
 

重ねられた生活 20170909~0915

0909(Sat)

アウグスティヌス『告白』を読み始めた。以前図書館から借りて読んだのだが、前夜に中公版の3分冊すべてを買いそろえていた。

講談社から出ている『アウグスティヌス講話』は大変な名著であり、今でもその実存的な読み解きには感動すら覚える。で、あるからして、岩波版ではなく山田氏の訳の中公版なのである。流麗な文が告白のもつ敬虔さと結び付いて胸に迫ってくる。

etlivsfragment.hatenablog.com
 
 

0910(Sun)

好きでもないものを飲み、好きでもないものを食べる。付き合いというのは付き合わせている方はいいかもしれないが、付き合っている方はたまったもんじゃない。だから僕は本当はだれも付き合わせたくない。
 
 

0911(Mon)

 まことに、世々の始めより以前に、またおよそ「以前に」といわれうるいかなるものよりも以前に、あなたはすでにましまし、神であり、造りたもうたすべてのものの主であります。御許には、恒常でないすべてのものの原因が恒存し、変動するすべてのものの不変の根源が常住し、非理性的時間的なすべてのものの永遠の理念が生きています。
 
アウグスティヌス 山田晶(訳)『告白』中公文庫 p.21

 
いつから瞬間には神様がいると思うようになったのだろう。それは確信であり啓示でもある。神様は瞬間にいて、そして瞬間そのものでもある。神様は瞬間において誰も見ていないところを見ており、見ればそうなるのだ。瞬間はおよそ全てのものの根源であり原因であるからして、永遠である。瞬間が神様ならばそれは<主体>として見るものでもある。万物は瞬間≒神様から<客体>として見られるものであると同時に、瞬間を根源とした<主体>として見るものとしての性質も持っている。だが僕らに見ることができるものは「わたしのせかい」のみであるから、自身を成り立たせるものである瞬間を見るものにはなりえない。
 

しかしあなたは、私のもっとも内なるところよりもっと内にましまし、私のもっとも高きところよりもっと高きにいられました。
 
アウグスティヌス 山田晶(訳)『告白』中公文庫 p.120

そういうことである。
 

 
 

0912(Tue)

ああ、本当に歩きだしてしまっているんだなという感じ。いったいあと何度この感慨を抱くのか知らないが、そのたびに信仰のことを考える。どうか君が、君だけが、僕を瞬間へと導き、わたしのせかいを瞬間にとどまらせますよう…。
 
あの10年のアレを書ききって、自分の信仰と哲学をまとめる作業を開始したい。そのためには、君との日々が歴史となり、また歴史となったという事実が必要で、最近はそんなことばかりしている。 
 
 

0913(Wed)

駅までの道のりで、風邪を分け合う。お互いに甘え合うくらいが丁度いいだろとかうそぶいて、夜風に火をつける。5月のあの日には別の誰かのことを考えながら手にとったキャンディーが、冷蔵庫から僕に話しかけてくる。夏は行ってしまったはずなのに、その後ろ髪がしつこく粘っている。その先の兆候をつかむべく、空を睨み、暗闇に手を伸ばしている。
 
最近の帰りの電車ではいろんなことを考えてしまっていて、よくないと感じる。嫌なことだけでなく楽しいことだって考えている。出かけること、音楽のこと、スカートのひらひらのこと、これからの季節のこと。それでも、そういうことを考えれば考えるほど漠然とした不安というものも忍び寄ってくる。なんとなくの雰囲気の悪さ。世の中と、個人の。飛び込むように、街に戻る。
 
  

0914(Thu)

これは熱が出るなあという感じで仕事をやり過ごし、終電に滑り込む頃にはひどい悪寒と目まい。確かに気温は下がっていたが、がくがくと震えるほどではないのは分かっているので、だいぶすぐれないのだろうなと考える。
 
日付が変わってようやく自分の街に戻ってくる日々。しばらく前から駅周辺では毎晩工事をしていて、その位置が少しずつ移動している。昨日と違う景色がそこにあるのだということが突きつけられている。でも、本当はいつだって違うのだ。そのことをこちらから捕まえに行く前に提示してくるのが夜の工事というやつだ。そう思う。
 
  

0915(Fri)

休みでよかった。ここ数年でいちばん高く熱が跳ねあがったのではないだろうか。回復に必要なものをフラフラと買いに行く。そのうちに声も出なくなってしまう。こんなに身体が弱かった覚えはないが、年々抵抗力が落ちている感覚はあるので、そういうことなのだろう。
 
ベッドで横になりながら、考える力が奪われていく。それでいい、回復することに僕の力を全振りしてくれと思う。目が覚めるたびに解放へ向かっている感じがしないことを確認しながら、薬を飲むためだけに口に何か入れる。そういうことを繰り返した。今週はここまで。

サニーデイ・サービスがそばで鳴っていた僕の10年とすこし disc5

実は前作までは時系列で追っていたのだけれど、この作品だけはかなり後になってからライブラリに収まったアルバムだった。というのも、混乱期の作品であるという事前情報と、本編+ボーナスディスクで計82分という大作であるということが、ためらいを生んでいたからだ。セルフタイトルだった前作が余りに素晴らしかったので、それも逡巡に拍車をかけていた部分もあった。再結成後のアルバムが1枚出たあとになってようやくそれは僕の耳に届いた。それでも、フェイバリットになるまではさらに時間がかかった。もちろん、今では上から数えた方が早いくらいに好きな作品だ。だから、今ならいろんなことを思うわけだけど、ここでは今作がフェイバリットになり始めた頃の話をしておきたい。

『24時』(1998)

24時

24時

 

知らないふりをして

▼あれは26のころだったと思う。明らかに普通の人と異なる君という存在のこと、そしてさらに複雑極まりない君との関係にいろいろと悩んでいた頃だった。息苦しいほどに暑い夜、何の気なしに再生した『24時』、そこに福音があった。3曲目「今日を生きよう」がそれだ。
 

サニーデイ・サービス「今日を生きよう」

何にも知らないふりして 今日を生きよう 今日を生きよう
天使じゃないって? あぁそうさ
ぼくは恋にしびれているだけなんだ

これがまさにその時僕が求めていたもので、その後の2人の距離感に与えられた名だった。知らないふりをして、今日を生きること。それこそが、僕らが秘密のままうまくやる、冴えたやり方だった。これは自分にとっては大きな事件だった。そうして僕ら2人は、2人にしか分からないやり方で関係を進めていったのだった。関係が終わった今年の夏の終わり。日比谷でのパフォーマンスがこの曲で始まったこと、僕にとってはとても大きな意味を持っていた。
 


▼そしてこのころ、実存哲学に僕は殺され、学生時代にぼろぼろになるまで読み返したランボーの「地獄の季節」、ボードレール「群衆」、そして何度も観てそらんじたゴダール気狂いピエロ」のセリフ、その全てがつながり、瞬間にたどり着くことこそがこの生で役割であり、君に出会った理由だと思ったのだった。

もう一度探しだしたぞ!
何を?永遠を。
それは、太陽と番った
海だ。
 
「地獄の季節」 
アルチュール・ランボー 堀口大学(訳) ランボー詩集 白鳳社

詩人は思うままに彼自らでありまた他人であることを得る、比類なき特権を享受する
 
「群衆」 
C.ボードレール 三好達治(訳)巴里の憂鬱 新潮文庫

悲しそうだ。
あなたは言葉で語る。わたしは感情で見つめているのに。
君とは会話にならない。思想がない。感情だけだ。
違うわ、思想は感情にあるのよ。
それじゃ本気で会話してみよう。君の好きなこと、やりたいことは?僕も言うよ。まずは君からだ。
花、動物、空の青、音楽…わからない。全部よ。あなたは?
野望…希望…物の動き…偶然…わからない。全部だ。
 
ジャン=リュック・ゴダール 『Pierrot Le Fou』(1965)より

 

デブでよろよろの太陽

▼不機嫌なオープナー、「さよなら!街の恋人たち」が醸すささくれだった空気は、混乱期のアルバムの象徴のようですらあるが、それでもその混沌とした時期のおかげでこの曲が生まれたのだとすればそれだけでも価値があったと思わせられるほどに魅力ある楽曲だ。この曲で歌われているような気持ちに、よくなる。


サニーデイ・サービス「さよなら! 街の恋人たち」
 
 
▼「カーニバルの灯」も大好きだった。ヘヴィな質感のアルバムの中にあって、アコースティックな優しさで温かく豊かでありながら、どこか物憂げで寂しいことが歌われているこの曲を、どうしようもない夜にベランダで口ずさんだことを覚えている。「風に火をともして びろうどの窓燃やす 青空をころげ落ちるようさ」てすごい。
 
 

夜が覆うもの

▼今思うことも最後に1つだけ。

いろんな場所でみんな星に祈り 
いろんな場所でみんな愛し合う 
僕は君の声が聴きたかったんだ
 
「24時のブルース」

これが90年代の終わりに鳴らされていたのかと。今となってはそれらは当たり前のことだけれども、当たり前すぎて実は誰も言っていない。インターネットによって時間的・空間的な距離の意味はほとんど消失したかのようで、だからこそ夜の帳が降りることの意味を「24時のブルース」として再定義したこの1節は、どこまでも正しくロマンチックに響いてくる。
 
 

etlivsfragment.hatenablog.com
etlivsfragment.hatenablog.com
etlivsfragment.hatenablog.com
etlivsfragment.hatenablog.com